fumin.

words

yureru_umi

umiゆれる,mia子,fuyuru0

(このからだが奇跡をおぼえているから)

もういくところがなくなった
唾液を流すのに
口を開くと
止まらなくなって
ずっと下を向いていた

唾液を垂れたまま歩いた
海まできて
わたしの血とまざりあって
一本のねむりのすじになる

記憶を取り出して触っている
色で濡れて
こころは今晩のあなたの
気圧と近づく


あなたは今夜
わたしの全身すみずみからの視線を
うけとっているのか
しろい爪の曲線からまた
あなたをみている

角層が薄くなった場所
皮膚をひたして
海にいる
わたしのかみの毛の長さが
深海まで届いていた頃
血液すべて海水からできていた頃

流れる唾液をてのひらに溜めて
わたしの肉の色を確かめる

ねむりの球体
この海が埋まるほどゼラチンを入れて
あなたのすみずみを凍らせる
冷やしたい

こころは眠っているか
表情をみてもわからなかった
いつでも夢のようなものに翻弄されて
海にいる
奇跡をおぼえているような気がして
海をみている

words:
ゆれる
reader:
mia子
music:
fuyuru0
artwork:
いさみゅ
download:
>> bandcamp

>> ゆれる artist info
>> fuyuru0 artist info